ビキニ・スタディツアー2012

文と写真:島田 興生


 東日本大震災の翌年、ビキニふくしまプロジェクトの発足に先がけ、2月28日から3月6日まで、現地のビキニデー参加と被ばく者との交流、福島へのカンパお礼などを目的としたスタディツアーが組まれました。

 

 現地では、政府主催の3.1ビキニデー参加やロンゲラップ被ばく者との交流、内田ボブさんのライブも行いました。

 

参加者は、ビキニ市民ネット焼津(木村力、杉本智子、内田ボブ、池谷千穂、大塚善弘、大川鉄男)と、第五福竜丸平和協会(日塔和彦、上浦智宏)、齋藤達雄(ジャーナリスト)、坂田雅子(映画監督)、河田透(時事通信)、ビキニふくしまプロジェクト(清水谷子、島田興生)の13人でした。

ロンゲラップの人々とのお別れパーテイで、病気との闘いを歌ってくれた被ばく者のリジョン・エクニランさん。 7回の流産、甲状腺と乳がんに苦しみ、この年の7月、糖尿病のため亡くなった。
(12年3月5日)

マジュロのビキニ村役場のロビーに第五福竜丸のポスターを貼った。
(12年3月1日)

内田ボブさんのコンサートに来てくれたロンゲラップの女性たちと。
(12年3月3日)